婦人

更年期障害は男性でも起こりうる|辛いままにしないで

このエントリーをはてなブックマークに追加

効力の強さ

はちみつ

食べ方に工夫を入れる

就寝前にマヌカハニーをスプーン1杯分の量を食べることで、虫歯予防や歯周病予防などオーラルケアに役立つ効果を出すことができます。マヌカハニーには抗菌効果があり、摂取することによって口の中を守ってくれます。食べ方は口の中でゆっくりと溶かしていくように食べていきます。すぐに飲み込むように摂取してしまっては効力は弱くなります。そして摂取量も過度に取りすぎてはいけません。毎日摂取していくのであれば、1日の摂取量はスプーン1杯程度で十分ですので、その1杯を口の中で広げていくように食べると良い効果を引き出すことができるようになります。食べるのが苦手な場合は、ホットミルクに入れて溶かして飲むのも良い摂取方法となります。

UMFの数値

マヌカハニーを食べることで虫歯菌が繁殖するのを抑制する効果があり、虫歯予防に良いとされています。そのほかにも抗菌作用効果が優れており、様々な身体に良い効果を発揮されます。マヌカハニーはUMFの数値が高ければ高いほど、その抗菌作用効果が強いといわれています。マヌカハニーのラベルに数値が載せられていますが、それは効力の強さを表すもので、強い効力を体内で出したいのであればUMFの数値を確かめてから購入すると良いです。数値が高ければ高いほど効果が強くなりますが、それだけ価格も変化し、強いものほど値段が高くなるものが多くあります。ですが、普段からマヌカハニーを食べて健康を維持していこうとするのであれば、それほど数値が高くなくても十分効果を得られます。